まずは市場相場を知ることから

不動産を売却したい時に、価格がどうなるかは非常に気になる所であり、大きな問題です。

売却希望する不動産を売る時の簡単な流れは、査定、売却、引渡しという流れになり、
家やマンションを売ろうと検討に入った時には、業者に査定に出す際に市場相場を知る事は大切です。

おおよそ同じ地域の物件や、地域は同じでなくても、土地形状や面積などが近い物件など、
売りに出されているなにかしら共通点のある物件の価格を、
できるだけ多くチェックして、相場を知っておくことで、
ご自身の物件の相場も、想像できるようになるものです。

客観的な偽りのない相場観を知るには

不動産会社に査定を依頼します。当然ここは外せませんが、駆け引きで低めの査定をされてはいけません。
かつては電話であったり、店頭まで足を運んだりと1件1件査定を申し込まなければなりませんでしたが、
ネット上の一括査定を利用することで、ご自宅から簡単に複数社の査定を受けることができます。

そしてここからは、業者との相談によって実際の売却価格を決定していくことになります。
不動産の価値判断というものは難しくて、いくらで売れると明言するのは非常に難しいものです。

業者の専門知識をもった方の意見と合わせながら売り値を設定していく事になりますから、
設定される価格が適正であるかどうか、明確な判断方法はある意味存在しないともいえます。
そういった意味でも、価格が決定されていくまでの過程や、基準となっているポイントなど、
業者側とのやりとりを納得がいくまで、じっくりと行うことが重要です。

便利ツール一例:マンション 売却 一括査定

情報参考:マンション査定

物件の価値を決める要素

全く同じ物件は無いです、同材質、同築年数の物件でも違いはあり、
物件の建っている土地の条件等も大きな要因になります、
土地の形状、方位、面積、周辺のインフラ整備の状態等の立地条件も大きな価格設定の要素になります。

物件の階数、間取り、築年数といった部分でも値段に変動はありますし、
値段が決まっていく際には、物件そのものと、立地条件も含めて検討されていきます。

他にも取引のタイミングによっても変動が起こり、相場は常に動いていますから、
取引を行うタイミングで値段に違いが大きく出る事もあります。

  物件個別の条件 立地条件 取引時期
物件の価値を決める要素 ・建築構造
・建築年数
・階数
・間取り
・土地の形状
・方角
・面積
・周囲の道路
・周辺の環境
・市場相場の変動

売主ご本人の判断基準を大切に

不動産業者の提示する金額を鵜呑みにせず、
本人の中で判断基準を持った上で査定依頼の時期を考えて行動に移すと良いでしょう。

不動産業者の査定額を参考にして値段が決まり、購入者が現れない場合は値段を変更していく必要もあります。
買い手と売り手の双方が納得行く所で値段は決定されていく事になります。

値段が簡単に決まって簡単に売買が成立するものでなく、取引毎に値段は決まっていきます、
過去のデータのみから値段を判断するのも難しいですから、
専門業者の意見と集めた情報から値段を決めて、最後は買い手との折り合いで決まります。

不動産売却 Contents